YUMAプロフィール

YUMA代表 釜渕優子

Author:YUMA代表 釜渕優子

YUMA Teaching Japanese Firm は
経験豊富な日本語教師による、
外国人社員向けビジネス日本語・マナー研修、留学生への就職活動サポート研修、外国人材採用担当者様への日本語会話力力評価研修などのサービスをご提供しています。

顧客企業様にあわせた
完全オーダーメイドの個別プランで
顧客満足100%を目指しています!

優秀な外国人人材と企業の皆様の
架け橋・・・それがYUMAです!!

お問い合わせはこちらからどうぞ!
 ↓
YUMA ロゴ2

最新コメント
リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビジネス日本語はだれのもの?

MAKIです。

近年、日本の大学では
留学生に対する「ビジネス日本語」教育が
量的に拡大されつつあると思います。

「アジア人財」などに表れる国の方針が、
その後押しとなっているのは間違いありませんが、
留学生にとっても、「ビジネス日本語」は
非常に人気があるクラスのようですので、ニーズがあるのも事実です。

ところで、
「ビジネス日本語」
(=さまざまな仕事の現場で使う日本語)って、
日本語力のレベルでいうと、
どのレベルの人たちが勉強すべき科目だと思いますか?

どうも、大学(留学生センター)では、
初級→中級→上級→ビジネス という認識らしく、
上級レベル以上の学生が、ようやく履修できる、
かなり「ハイレベル」な日本語、、と思われているようです。

でも、実際に日本語を使って働いている、ノンネイティブの人たちを見ると、
海外まで含めると、特にですが、初級から中級レベル、、の人が、
実はボリュームゾーンなのではないかと、私は考えています。

彼らも職場で、摩擦が起こらないように
日本の商習慣や、敬意表現について知りたいでしょうし、
具体的な、電話応対のマナーや、メールの書き方の基礎を学びたいでしょう。

中級レベルの日本語力でも、ゴール設定を吟味し、教室活動を工夫すれば、
十分に上記のような内容のクラスを作ることが可能だと思います。

将来働く可能性のある、(或いは、すでにアルバイトしている)
大学の留学生でも、ニーズは同じだと思うのですが・・・。

「ビジネス日本語」の定義からして、そこら辺、
大学での日本語教育にずっと携わっている先生と、
私のような企業の現場にいた経歴の者では
考え方に大きな隔たりがあると思いますね。。

それとも、履修条件を中級以上に設定すると、
受講希望者が殺到して、教えられる先生が足りないのかなあ。

今拡大しつつある、大学での「ビジネス日本語」教育って、、
どこへ向かっていくのかしら??
と、興味深くもあり、絶望的な気分になることもあり・・。


逆に言えば、そういった、
大学では、なかなか「ビジネス日本語」を学ぶチャンスが得られない
留学生に対して、私塾を開くというのは
ビジネスになるかもしれない、、と勝手に思っています。
(もう始まっているのかもしれませんが)

YUMAは、BtoBの立場ですけど・・。


Posted by MAKI
関連記事
コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。